滋賀 武佐郵便局 風景印

〒523-0012
滋賀県近江八幡市武佐町720

使用開始年月日:1993(平成5)年7月1日
本陣跡 ムシャリンドウ 花ノ木 瓶割山

中山道宿場、武佐宿があったところです。今でもその風情が残っています。

sdr

郵便局のある位置がちょうど宿場町の中間地点ぐらいで、武佐宿本陣(下川家)にだったそうです。往時を思わせるポストが設置されています。
すぐ隣に門構えだけが残っていたらしいのですが、、、雨が降っていたこともあり、気が付かずにスルーしてしまいました。
その門構えが本陣跡に当たります。

150mほど離れた場所に武佐町会館があり、その前でムシャリンドウが花を咲かせていました。

ムシャリンドウは絶滅危惧種に指定されているシソ科の多年草です。武佐町で発見され、花がリンドウに似ていることから名付けられたとか。。。

実はこの会館は脇本陣跡(奥村家)なんだそうです。

敷地内には敷地内に入ると馬頭観音碑が建っています。
街道を往来する馬の安全を願い伝馬組合が建てたそうです。

長光寺のハナノキは高さ約15メートル、周囲約3メートルの巨木で、大正11年に近江八幡市の天然記念物に指定されました。

花ノ木は長光寺(武佐局から10分ぐらい??)にある日本最南限のもので、聖徳太子が植えられたという伝説の木だそうです。大正11年に近江八幡市の天然記念物に指定されています。

滋賀 近江八幡沖島郵便局 風景印

〒523-0801
滋賀県近江八幡市沖島町202

使用開始年月日:2000(平成12)年9月1日
琵琶湖に浮かぶ沖島 鴨 漁船

湖に浮かぶ唯一の有人島の、沖島郵便局へ行ってきました。
湖に浮かぶ島は他にも大根島(島根県)とかありますが、架橋されています。沖島は船でしか行くことができません。

近江八幡、堀切港から島へ渡ります。

10分ほどで到着です。

島には自動車はありません。信号機もありません。
約300人の方がこの島で暮らしておられるとのこと。

移動手段の多くはこの三輪自転車だとか。
この日はあいにくの雨模様。サドルが濡れるのを防止するにはおかきの空き缶を利用するのが沖島流の模様( *´艸`)

郵便局は路地の奥にひっそりありました。

風景印の図案の船は通船かなと思いましたが、何やら高い櫓に人が乗っている模様。
何をするものなのかと港の漁協の方に尋ねると、鮎漁の船だということでした。
鮎は引き網漁で獲るのですが、その鮎を外すのに、櫓に網をひっかけて振り落とすのだそうです。
風景印の櫓は一つですが、多くは船の上に2つあり、二人で網を引っ張り合うのだと教えてもらいました。

湖に浮かぶ島なんですから、琵琶湖が綺麗に見えるはずですが、、、あいにくの雨でこんな景色(-_-;)

漁協の方にお願いして作っていただいた地産地消のお弁当は大変美味しかったです。

郵便局でお買い物をして頂いた沖島のポストカード。
早速そちらに風景印を押印してもらいました。

ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会

ダルメインは、イギリス・湖水地方にある大邸宅です。
1675年より代々ヘーゼル家が受け継ぎ守ってきました。

城主のジェーン・ヘーゼル・マコッシュさんは、館に残る古い文献に載っているレシピを再現したマーマレードを商品化するなど、マーマレードを通じた文化交流やビジネス創生に取り組んでいます。

この館でマーマレードの腕を競う品評会が始まったのは2005年のこと。イギリス伝統のマーマレード作りを見直してほしい、という館の主人の思いが発端でした。当初の応募は少ないものでしたが、現在は世界各国から3000本を超える応募が届くようになりました。

2019年は愛媛の八幡浜で開催されました。日本での開催は初めてだったようです。

国際博物館の日 小型印(豊島郵便局)

ICOM(国際博物館会議)では、5月18日を「国際博物館の日」とし、博物館が社会に果たす役割について広く市民にアピールしているんだそうです。

なぜ5月18日なのか?

1977年にモスクワで開催されたICOMの第11回大会で、「国際博物館の日」を設ける決議が採択されました。第11回大会は5月18日から29日まで開催されたことから、5月18日を「国際博物館の日」としたそうです。

切手の「博物館」はこの日、入館が無料となっていて、小型印が配備されました。
同館で6月30日まで「ウサギ!カワウソ!ハリネズミ?!展」が開催されていることもあってか、図案はウサギ、カワウソ、ハリネズミが何やら調べ物をしているデザインでした。

時を同じくして開催されていたOtegamiフリマ内で出張所が出ていて、押印してもらえたそうです。

Mさんより頂戴しました。ヤギさんがお便りをしたためているフレーム切手、可愛いです(*^-^*)
ありがとうございます!

大阪 四條畷郵便局 風景印

〒575-8799
大阪府四條畷市中野本町25-20

使用開始年月日:2004(平成16)年4月1日
大久保利通自筆の碑 クスノキ 小楠公の墓

小楠(しょうなん)公と言うのは、南北朝時代の武将、楠木正行(くすのきまさつら)のことを差しています。
正行は楠木正成(くすのきまさしげ)の子です。1348年(正平3)年の四條畷の戦いで北朝方(足利尊氏方)の高師直(こうのもろなお)と戦って討ち死しました。

正行の遺骸はこの地に葬られ墓石が建てられたと伝えられています。その後80年経ち、墓石を挟むように2本のクスノキが植えられます。成長を続けたクスノキは墓石を包み込み2本が1本となって現在に至っています。
その時の墓石はクスノキに飲みこまれてしまったそうです。。。

現在墓所にある石碑は1878(明治11)年に建てられたもので、大久保利通の自筆による「贈従三位楠正行朝臣之墓」の銘が刻まれています。

で、墓石がこちら、、、

どうも風景印に描かれている石碑とは形が違うような、、、

風景印に描かれているのはこちらの石碑じゃないかと思うのですが。でも、これは大久保利通公が書かれたものかどうかはわかりませんでした。(そのようなことは書かれてませんでした)

真相はわからずです。

墓石は風景印にある通り、囲いの中にあるので、近づいてみることはできません。

2本が1本になったというクスノキ。。。立派です。

切手趣味週間2019 特印

<機械印>

<手押し印>

今年のデザインは、江戸時代の画家・鈴木其一(1796~1858)の屏風「朝顔図屏風」(メト ロポリタン美術館蔵)でした。
其一は、琳派の華麗な装飾様式を継承しながらも、鮮烈な色彩と大胆な構図によるデザイン性に富 んだ斬新な作風を築きました。
この屏風は「菁々(せいせい)」と号した晩年作ですが、ますます鮮 烈な色彩で圧倒するような画面を構成しています。
朝顔ブームだった江戸時代後期には様々な品種 が栽培されましたが、この青い朝顔は「濡れ烏」と命名されたものだそうです。

朝顔のポストカードはあいにく持っておらず、、、図案が発表された時から探してましたが、季節外れすぎて見つからなかったんです。
それが、、、Yさんが素敵な朝顔のお葉書で特印を送って下さいました(*’▽’)
ありがとうございます(≧▽≦)

趣味のこと